チンジャオ娘 日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 日に焼けるまでネタバレ

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 無料エロ漫画ネタバレ 3話

更新日:

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ ネタバレと感想 涼音視点 3話

『日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~』

4人の中で一番年齢が高くて、エロくて可愛い涼音ちゃん視点でネタバレを書いています♪

 

 

えっちな事に本当は興味があるのに

 

 

従姉弟たちのようにガツガツいけない涼音ちゃん

 

 

ガツガツ系の従弟タケルに

 

 

本能のままに貪られていく様子がエロイ!

 

 

今回のネタバレは第3話です!

公式サイトで無料試し読みも可能ですよ

↓無料で読むなら画像をクリック↓



日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~画像
日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 無料エロ漫画ネタバレ 2話

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ ネタバレ涼音視点 2話 『日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~』 のネタバレを涼音ちゃんの視点から描いています♪     涼音ちゃんは、主 ...

続きを見る

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 第3話 助けて・・・ヒロ、なんで助けてくれないの?

「早くズボンちゃんと履いて!!!」

 

 

急いでパンツを履きながら、ヒロと従弟のタケルに声をかける

 

 

親が帰ってきたんだ!見つかったらマズイ

 

 

弟の目の前で従弟にイかされてたなんて

 

 

両親に知られて良いわけが無い

 

 

私はドキドキしながらパンツを履いて

 

 

なんとか平静を保とうとした

 

 

でも従弟にイかされた衝撃は強くて

 

 

夕食の時もぼーっと考えてしまう

 

 

弟の顔を見るのもなんだか気まずくて

 

 

ただ機械的にご飯を口に運んだ

 

 

見ると、他の3人も同じように黙って食事をしている

 

 

よりによってそんな日の夜

 

 

部屋はまだあるというのに

 

 

男女4人同じ部屋があてがわれた

 

 

昼間のこともあるし、なんだか気まずいなぁ

 

 

私は弟に背を向けて壁を眺めていた

 

 

なんとなくまだ皆が寝ていないのが気配で分かる

 

 

そろそろ寝ないと・・・そう思ったとき

 

 

「田舎には昔、夜這いっていうのがあったんだって」

 

 

まなちゃんが急にそんな話を切り出した

助けて・・・ヒロ、なんで助けてくれないの?

夜這いの話を聞いていると

 

 

心臓がバクバクしてきて苦しくなった

 

 

すると突然、従弟のタケルが私の布団に入ってきた

 

 

さっきの夜這いの話が頭をかすめる

 

 

お昼のは遊びで済ませられるけど

 

 

これ以上やったら遊びじゃ済まない・・・

 

 

これはもう「練習」じゃない

 

 

慌てて止めようとしたのに

 

 

タケルはやめてくれない

 

 

「ヒロ、あんたもやめさせて!」

 

 

起きているはずの弟を呼ぶ

 

 

あれ?ヒロ・・・?

 

 

弟の反応が無い

 

 

なんで・・・?

 

 

既に下半身に何も身にまとっていないタケル

 

 

そのおち○んちんが私のま○こに当たった

 

 

昼間、手でシコシコした時に見たおち○ちんを思い出す

 

 

アレを、入れられてしまうっ・・・あの大きいのをっ・・・

 

 

「すず姉、すず姉・・・」

 

 

勢いが止まらないタケルが少し怖い

 

 

昼間のように手でしてあげるともちかけたのに

 

 

両手を掴まれて動けなくなってしまった

 

 

タケル、こんなに力があったんだ・・・あんなに小さかったのに

 

 

「オレ、涼音とヤリタイ!」

 

 

一向にやめる気のないタケル

 

 

私は愛実にも助けを求めたが

 

 

同じ部屋に寝ているなら、期待してたんでしょと言われてしまった

 

 

期待・・・してたのかなぁ?私

 

 

「お願いっ!助けてっ!!!」

 

 

弟のヒロトを再び呼んだが

 

 

起きているはずの弟の反応はまたも得られない

 

 

こっこのままじゃ・・・

 

 

ズプン

 

 

急に身体中に衝撃が走って

 

 

何か大きなものが私の中に入ってきた

 

 

「ぁ・・・うそ・・・入って・・・」

 

 

衝撃で身体がブルブル震える

 

 

ずぶずぶ

ぱんぱん

ずぶずぶ

 

 

まるで盛った野生の動物のように

 

 

タケルが腰を打ち付けてくる

 

 

「抜いて・・・おねが・・・ぁあんん」

 

 

あれ?抜いて欲しくて出した声が喘ぎ声になってる・・・

 

 

入れられたときは痛かったのに、なんだか頭がぼーっとする

 

 

これがセック○・・・?

ヒロに見られてる・・・

「気持ち良さそうな顔、やっぱり涼音ちゃんもエッチしたかったんやん♪」

 

 

そう愛実に言われて

 

 

否定したいのに、えっちな声しか出せない

 

 

「やっちが・・・あん・・・」

 

 

自分が自分じゃないみたいだった

 

 

ふと視線をタケルから逸らすと

 

 

「あ・・・ヒロ・・・こっち見ちゃダメ・・・」

 

 

弟のヒロトの視線を感じる

 

 

こんな姿、こんな表情、ヒロに見られたくない

 

 

こんなエッチな声を出しているところも

 

 

ダメ、ダメ、ヒロ、見ちゃダメ!

 

 

「あっち向いて・・・姉ちゃんのこんな顔見ないで・・・」

 

 

弟に見られているのを意識すると

 

 

なぜか今まで以上に快感を覚えた

 

 

「あ・・・あぁ・・・」

 

 

するとタケルがもうガマン出来ないといい始める

 

 

「だめぇ・・・中は・・・」

 

 

中に出されたら、赤ちゃん出来ちゃうよ・・・

 

 

止めなきゃ・・・中は止めなきゃ・・・

 

 

どぴゅどぴゅどぴゅ

 

 

 

止めなきゃいけなかったのに・・・

 

 

中で出されちゃった・・・

 

 

「あぁ・・・」

 

 

抜くようにいいたいのに

 

 

思うように言葉が出てこない

 

 

「すず姉・・・」

 

 

頭がぼーっとしてきて、何も出来ずにいると

 

 

タケルに唇のはじめても奪われた

 

 

「んんっ・・・」

 

 

しかも舌が中に侵入してくる・・・

 

 

私はぼーっとしながら

 

 

自分の舌をそれに絡め返した

 

 

「早く抜かないと・・・赤ちゃんが!!!」

 

 

ようやくキスされながらも、その言葉を紡ぎ出す

 

 

止めて・・・くれない・・・

 

 

タケルはその言葉を聞いても

 

 

中からおち○ちんを抜こうとはせず

 

 

ただひたすら私の唇に貪りついてきた・・・

↓無料で読むなら画像をクリック↓



日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 3話 感想&考察

3話を涼音視点でネタバレしてみました♪

 

 

『日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~』3話では

 

 

とうとう涼音ちゃんが初めてを奪われてしまいました!

 

 

愛実ちゃんや弟のヒロトに助けを求めても

 

 

2人とも止めてくれずに

 

 

半ば強引に従弟に挿入されてしまうことに・・・

 

 

やめるように何度もタケルに言ったあと

 

 

腕をしっかりと布団に固定されてしまっていて

 

 

まるで襲われているかのようなシチュエーションに興奮しました!

 

 

まるで・・・というか実際、襲われていますしねw

 

 

タケルがまるで盛った動物のようで

 

 

「ヤリタイ」しか頭にないように感じます

 

 

そんなタケルに初めてを奪われてしまった涼音

 

 

性に対して積極的だった愛実は

 

 

どうやらセック○までいくのは予想の範囲だったようですが

 

 

涼音はそうではなかったようです

 

 

想定外のセック○で最初は戸惑っていますが

 

 

だんだん否定の言葉が出てこなくなって

 

 

喘ぎ声ばかりになって感じていくにしたがって

 

 

じと目でとろんとしていくのはエロイです♪

 

 

最後にタケルに出されたあと

 

 

貪るようなキスをされながら涙目になっているのも可愛い!

 

 

目をきゅっと閉じている涼音の涙をぺろっと舐めてしまいたいですw

 

 

タケルが、すず姉大好きなので

このまま1回では済ましてくれなさそうですねw

 

 

盛り上がったまま4話に続きます!

 

 

以上、『日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~』3話の

涼音ちゃん視点のネタバレと感想をまとめてみました。

↓無料で読むなら画像をクリック↓



『日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~を無料で読む方法』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-チンジャオ娘, 日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~, 日に焼けるまでネタバレ
-

Copyright© 日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 無料で読む方法を解説!【超簡単】 , 2019 All Rights Reserved.